toggle
2019-08-13

行き合いの空


天草 我が家の庭から2019/08/12「行き合いの空」

やっと梅雨が明けたかと思えば、すでに暦の上では「立秋」秋の始まりです。
今年は、遅い梅雨明けで短い夏となりました。
また、今年も台風は、次々と発生し各地に大きな爪痕を残しています。
天草(苓北町)は、今のところ…運が良かったとしか言えません。

そして、そうこうしているうちに、すでに夏は終わりに近づいているようです。
気温は30度をはるかに上回り、「暑い!暑い!」と言いながらも、ふと空を見上げると「秋の雲模様」になっていました。

「行き合いの空」とは、夏の季節に秋の始まりを教えてくれる「空模様」です。
「積乱雲」と「巻積雲」が漂い、夏の中に秋が染みこんでくる…といった感じでしょうか。
入道雲の中に、刷毛で描いたような雲が混ざり合っているのですが、
しばらく見ていると、雲の流れる速さが違うのです。
刷毛で描いたような雲は、ただただ漂って…
入道雲は、形をもくもくモワモワと変えながら急ぎ足。
まるで、夏が終わり間際に忙しく、これから始まる秋はボチボチ行きましょうか…ってな感じですね。

空では、夏と秋が行きかっているのですね。

 

タグ:
関連記事

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です