toggle
2018-03-20

清見タンゴール販売開始です

春がやってきた!と感じるのは、みかんの香りが違うからでしょうか?
みかん詰めをする作業場は、いつもみかんの香りであふれていますが…。
冬場の作業場は「温州みかん」の香りが立ち込め、3月中旬を過ぎると
「パール柑」や「清見タンゴール」の香りに変わります。
「温州みかん」に比べると、抽象的ですが甘さに華やかさが増した香りです。
そして、春爛漫が過ぎる頃になると「レモン」や「晩柑」が多くなってきて…
爽やかさが加わります。
作業場は一年中みかんの香りに包まれていますが、実は、みかんに付いた泥や土埃の匂いもふくまれており…。
いつも「フレーバ~」というわけではありません。
みかん一つ一つを手作業で拭き上げ、段ボール箱に詰める作業中には
「あ~いい香り~」などと癒されている暇など無く
集荷に来てくれる配送業者さんをお待たせしないように
ただひたすらに「みかんを詰める」ことに没頭する毎日です。

先日「清見タンゴール」と「デコポンになれなかった不知火」
のご案内「天草市場だより かわら版 特別便」のお葉書を郵送させていただきました。
主には、毎年ご購入いただいているお客様へのご案内です。
届かなかったお客様ごめんなさい…。
ご興味がなく、ハガキはゴミになったお客様ごめんなさい…。
「メルマガ」が苦手な私は、またアナログな「お葉書」を作ってしまいました。
甘く実ってお待ちいたしております。

関連記事

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です